スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばらんでええよ

『昼からカヅ子さんの全身清拭するんだけど、一緒にしますか?』
とナースが声をかけてくれました。

 母は独り暮らしをしていた頃は40キロくらいしか体重がなかったのですが、ホームに入所してからは規則正しい食事のおかげで少し太っていました。
 家ではほんの少ししか食べていませんでした。小さいお皿に、砂糖とソースをかけたトマトの輪切り、冷奴。煮魚だけ、とか煮しめだけ、とか。菓子類を食べてる印象もありませんでした。
 3年前に胃婁にしてから、吸収がいいのかもっと太って、シワが伸びて色艶もよくなっていました。

 眠っている母に声をかけてから、清拭を始めました。熱いタオルで顔を優しく拭いていきます。ンン・・・ンと母が顔をしかめます。
『カヅ子さん、ごめんねぇ』
と優しく優しく拭いてくれました。片腕をパジャマから抜くのを手伝います。腕が抜けたら肩と腰を持って体を横に向けました。
『あぁ・・ありがとう・・・あぁ、そうか、いつもしてるね』
とナースがわたしの手元を見て言いました。わたしも一応介護の仕事をしているのです。でも、母の体を見るのは何年振りでしょう? 母は先月入院してからすっかり痩せてしまっていました。
 オシメを替えるときに見た母のおなかはぺっちゃんこ。栄養剤も入ってないもんね。
 体半分を熱いタオルで拭いた後、新しいパジャマを着せます。体の向きを変えて反対側の半身を拭き着替えは終わりました。

 その夜は、血中酸素が計れなくなったり、呼吸が乱れてきました。吐くのは長くて吸うのはほんの一瞬。上下していた胸の動きも少なくなっていきました。吸痰のたびに苦しみます。

『お母さん、もう、がんばらんでええよ』
 母に声をかけました。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆいかばあば

Author:ゆいかばあば
《どうにかなる!》で いろんな坂道を歩いてきました
おもしろおかしく 笑って暮らしたいと思っています



広島ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。