スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃婁そして・・・

 暮れに発熱が続き、血中酸素が低下し、母は救急車で病院へ運ばれました。様態が改善せず、母は口から食べ物の摂取が出来なくなってしまいました。歳が明けて、とうとう胃婁です。

 状態が良くなれば、口からも摂取できるように訓練します、と言う話だったが、結局、胃婁だけになってしまいました。

 寝たきりの状態が続き、母の左足のかかとには褥瘡ができてしまったのです。

 2月になり、まもなく病院から電話がありました。
 母の足に出来た褥瘡が思わしくないので入院が長引きそうだと。
 
 老人ホームからも3ヶ月を過ぎると籍を切らないといけないと、今日病院のほうへ言ってきたそうです。

 いったんホームを退所して、退院したら又ショートステイを利用してはどうですか?と。

 金曜日に病院へ行って話をしてきますが、あ~あ、どうしたらいいんでしょうか?


 3月。

 足の褥瘡は悪くなる一方で、切断が最善の方法だと主治医から説明がありました。何も知らず眠る母を見ていると、この人の人生ってなんだ?  そんな思いが渦巻き、かわいそうでなりませんでした。

 病院からの帰り道、バイクを走らせながら母の思い出が走馬灯のようにめぐり、泣きました。

 悲しいけれど、これで母は痛みから解放される、母は楽になるんだと気持ちを切り替え乗り越えられたように思います。

 老人ホームはいったん退所となり、ショートステイでつなぎながら再び本入所となるのを待つ日々が続きました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆいかばあば

Author:ゆいかばあば
《どうにかなる!》で いろんな坂道を歩いてきました
おもしろおかしく 笑って暮らしたいと思っています



広島ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。