スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回忌法要

 今日は姑さんの3回忌法要でした。葬儀、法要、葬儀、1周忌、49日、3回忌・・・ほんに忙しいことです。

 兄弟だけでの法要でした。何回作っても必ず忘れる御霊具の飾り方。どれがご飯茶碗で、どれがどれのふたやら、図を見てあ~でもない、こ~でもないと頭をつき合わせて相談します。
 煮物と和え物、香の物は義姉が用意してきていました。汁はインスタントでもええか?、ちょっと古いけど・・なんていいながら盛りつけていると、鼻の利かなかった姑さんを思い出します。
『お母さんは鼻が利かんかったけど、お父さんが鼻がよう利いて・・・お母さんがやたら鍋を焦がして・・・』
 鼻の利くお父さんがいち早くそれに気づいて、
『お母さんは、また、なにを焦がしたんか!』
 と庭先から叫ぶ。その声を聞いてはじめて姑さんは鍋がこげているのに気づくのです。それがやたらだったので、姑さんはいつも冷蔵庫に魚の干物を用意していて、さっとオーブンに魚を放り込むのです。
『こがしてないでぇ。わたしゃ魚を焼きょうるんです』
と澄ましこむ姑さんが滑稽でした。やたらに焦がすだけあって、姑さんは鍋の焦げを取るのが上手でした。

 法要にはいつもの和尚さんが来られました。
『お経は長いの、早いの、どちらにしましょうか?』
 和尚さんの言葉に私らは返事をせずくすくす笑っておりました。
『では、普通に拝みます』
 普通はさすがに長く感じました。今日は法要が午前中に3軒入っているらしく、和尚さんもお急ぎで、お経が終わるとソソクサと次のお宅へと行かれました。

 お墓づとめは2時からでした。
『最近、よく会いますねえ』
 和尚さんから言われました。ほんとによく会います。
『葬儀、、法要続きですから・・・』



スポンサーサイト

9月2日

 母が亡くなって今日でちょうど1年になります。

 ゆうべ、兄から電話がありました。
『たっこさん・・・1年になるなあ・・・早いなあ』
 しみじみと兄が言いました。

 さっき、兄嫁からも電話がありました。
『1年やなあ・・・つい昨日のことみたいやなあ』

 皆、思いは同じようです。

 1年があっという間に過ぎました。

 今朝、お墓参りに行き、墓づとめをしていただきました。1周忌は8月14日に済ませたので、今日は私一人でした。
『1周忌を済ませたのに、日にちに墓づとめをする人は珍しいですよ』
とお坊さんが言いました。

 ここに住んでいるのは私一人なので、お墓参りはわたしの務めだと思っているし、それより、母のお墓に来ないではいられない。何でしょうねえ、母が生きているときより母は近くにいると感じます。

 昨日友達が遊びに来てくれて、そのときに母の話が出ました。
『お母さんは、人のことは絶対に悪く言わなかったなあ』
 それについて、わたしが誰かに何か言われたことを母に話したとき、母はいつも、
『どっちに付くじゃないが・・・』
と前置きして、それは相手が悪い、と言いました。
『どっちに付くじゃないが・・・』には、おまえにひいきするわけじゃないが相手が悪い、という意味と、
どっちもどっちだけどひとまずここはおまえの味方をしておこう、の含みを持っています。
 これはいい言い回しだなあと友達と笑いました。

 プリンターの横に、母の笑った写真を置いてあります。印刷をすると台ががたがた動いて、その弾みで母の写真立てが落ちるのですが、そのたびに母の口癖、
『ほりゃ~ほりゃ~ほりゃ~!』
を孫と大合唱します。
『ひいばばがおこっとるでぇ!』


プロフィール

ゆいかばあば

Author:ゆいかばあば
《どうにかなる!》で いろんな坂道を歩いてきました
おもしろおかしく 笑って暮らしたいと思っています



広島ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。