スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃがいも

 あちこちの畑でジャガイモを掘りあげていますね。

 母も姑さんもジャガイモを作っていました。母は一番出来のいいジャガイモをうちに持ってきてくれました。

 姑さんは、いいジャガイモは長男に持って帰らせ、小さな小さな剥くのが面倒なジャガイモを、
『おかあちゃん、うちらはこの小さいのを食べましょう』
と言いました。はい、と返事はしたものの、口と腹は別でした。
 夫の一番上のおねえさん(親子兄弟の縁を切って久しい)は、大きな大きなジャガイモをくれました。大きいのは中が空いててよくない。みかんも大きな器量の悪い売り物にならないのをくれました。大きいみかんは水臭くておいしくない。同じ売り物にならないものならみかんは小さいほうがおいしいです。

 小さいジャガイモは剥くのが面倒だからいりません、は言えない。
 大きいジャガイモはスが入ってるからいりません、は言えません。
 大きいみかんはおいしくないからいらないも言えませんでした。

 近所のおばあさんはホウレンソウを持ってきてくれました。所々虫が食っているホウレンソウでした。
『うちの嫁さんは、虫が食ってるものは食べません!と言った。
 あんたは食べるか?』
と聞かれました。

 きれいに洗って食べました。

 でも、こんなものは食べません!と言ったお嫁さんがちょっとうらやましい。


 母と娘。一番いいものを食べさせてくれる母。

 姑と嫁。こんな小さいジャガイモも捨てずに使い切りましょう。虫食いのほうれん草も食べましょう。 ん? この関係は? 同じ釜のめしを食べるかどうかで違ってくるのでしょうか?

 ずっと昔に見た『キューポラのある町』・・・また古すぎますねえ。あの中で、吉永小百合さんが誰かから何かもらう場面で言うせりふ。
『人からものをもらうときはいいものをもらえって母が言いました』(違っていたらごめんなさい)
 ああ・・・いい考えだなあと思いました。

 畑のジャガイモを見て、いろんなことを思い出しました。

 
スポンサーサイト
プロフィール

ゆいかばあば

Author:ゆいかばあば
《どうにかなる!》で いろんな坂道を歩いてきました
おもしろおかしく 笑って暮らしたいと思っています



広島ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。